栗原由聖

受発注センター
営業セクション
2018年新卒入社
この仕事に就く前までとは
また違った気持ちで商品を買うように

INTERVIEW

大学時代に取り組んでいたこと

大学時代は日本文化学科に在籍し、今昔における日本文化の変遷について学んでいました。
博物館学芸員の実習も行っており、チームを組んで展覧会の企画・開催も行っておりました。
実際に企業の方とお話をし資料の確認や見学のアポイント取りから、パネルや展示サンプルの作成、作成物の展示、来場者への解説までの一連を行い、企画運営の方法を学びました。

どうして当社に入社しようと思ったのですか?

自身の興味のある分野での仕事をしたいと考えており、エンターテイメントに関わる会社を主に就職活動を行っておりました。
その中で、変化の大きいこの業界らしい、風通しの良い雰囲気に惹かれたのがきっかけです。また、仕事をする上では取引先と深い関係を築いていきたいと考えておりましたので、「全てのステークホルダーから支持されて信頼される会社である。」といった企業理念に魅力を感じました。

自身の就職活動の話を聞かせてください

前項の通りエンターテイメント業界を中心に、自身の興味のある分野を主に就職活動を行っておりました。
またその中でもいくつかは違った業界も受け、業界間で違う点などを感じました。
異種業界の面接など受けることで更に自身の「やりたい仕事」が定まったように感じます。
メーカー、販売店も視野に就職活動を行いましたが、双方に携わることが出来る当社に縁があり入社しました。

当社に入社して変わったことはありますか?

これまではエンドユーザーとして棚に並んでいる商品を買っていただけでしたが、メーカーの商品開発から物流といった商品流通の一端に関わることで、お客様が商品を手に取るまで本当に多くの人達の労力がかかっていることを実感しました。
今でも自身が流通に携わった商品を買いに行く時もありますが、この仕事に就く前までとはまた違った気持ちで商品を買うようになりました。
また、自身が興味のあるタイトル以外の商品も沢山扱うようになるので、ターゲット層問わず色んな作品の知識がつきました!

今はどんな仕事をしていますか?

受発注センター営業セクションに在籍しております。
営業アシスタントとして、販売店などから頂いた発注の入力作業、毎日の出荷商品の確認、出荷量のコントロールを主に行っております。
その他、取引先からのお問い合わせの回答や、商品提案リストの作成などをしています。

当社の仕事の魅力を教えてください

風通しが良く、若手社員でも意見を聞いて頂ける機会は多いので、比較的社歴の短い社員でも活躍の機会を得られやすい会社だと感じています。
チーム内で連携を取りながら仕事をしているので、不明点などがあればその場で先輩社員に相談等はしやすいと思います。

どんな人と一緒に働きたいですか?

変化が大きい業界なので、新しいことを吸収することにためらいがなく、どんなことにも興味を持てる人と仕事が出来たらと思います。
常に市場のトレンドに敏感な人は大歓迎です!
また、部署・チーム問わず連携が必須となりますので、協力しながら仕事をすることが好きな人だと嬉しいです。

最後に、当社を受けようと思っている人へメッセージをお願いします。

先が見えず苦しく、不安な時期でもあると思いますが、きっと皆さんが輝ける仕事があります。一緒に未来につながる仕事をしましょう。
是非皆様とお仕事が出来ることを楽しみにしております。