国宝展に行ってきました!

CafeReoGroup

はじめまして!ぷりんです。
先日、上野の東京国立博物館に行ってきました!

 

お目当ては、創立150年記念の展覧会「国宝 東京国立博物館のすべて」!
トーハクが収蔵する国宝89点を観覧することができるというなんとも贅沢な展覧会です。

 

その素晴らしい国宝たちの中で、今回のわたしのイチオシは古今和歌集の原本です!

(↑このページは孔雀の透かし柄が入っています!)

 

全ページに鶴や唐草など繊細で優美な透かし柄が入っていて、
その上に書かれたくずし字は美しく、更に表紙は金銀の箔押し加工がなされており、
もう書物を通り越して芸術品でした!

 

そして次に行きたい展示会も早速見つけました!
150年後の国宝展―ワタシの宝物、ミライの宝物

 

どのようなものかというと、150年後に「国宝候補」にしたい“ワタシの宝物”をテーマに
個人や企業から作品を集めて展示した、トーハク史上初の公募型展覧会です。

 

ちらっと会場を覗いたのですか、ゴジラ、初音ミク、ハローキティなど
サブカルチャーに纏わる展示物がたくさんありました!
サブカルチャーは日本が誇る一大産業でもあり、
世界に誇る日本文化でもあると再認識しました。

 

現代を生きるわたしたちが、もうだれも生きていないであろう150年後。
そのとき、国宝にはどんなモノがあるのでしょうか。

 

わたしたちカフェレオグループもサブカルチャー史を創る一員だと思うと、
この仕事がとても誇らしく感じます!

 

興味のある方はぜひ足を運んでみてくださいね!

この記事を書いた人: ぷりん